ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめ

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ

歯を白くすることをホワイトニングと言い、ホワイトニングには2種類の方法があります。
そのひとつは歯の表面の汚れを漂白剤で落とすことで、
これは主に審美歯科と呼ばれる歯科医院でのオフィスホワイトニングとかホームホワイトニングです。
もうひとつがホワイトニング歯磨き粉を使って歯の表面を研磨することです。
ここでは、研磨タイプと漂白タイプのホワイトニング歯磨き粉について述べます。

 

 

研磨タイプ歯磨き粉の効果

研磨とは文字通りで、つまり削ることですが、誤解しないように言いますと、
削るというよりは汚れを浮かすことです。
ただし、汚れを浮かすためには、ある程度削るような作業が必要です。
言い換えると、研磨剤や清掃剤の成分は、色素を浮かせる作用で、
歯の表面の色素を除去するのです。

 

 

漂白タイプ歯磨き粉の効果

国内では薬事法の関係で市販が認められていませんが、たとえばアメリカでは
漂白タイプのホワイトニング歯磨き粉が売られています。
これは漂白剤に過酸化水素が含まれていて、歯を磨くというよりは、
歯の表面の色素を漂白して白くします。
ちなみに、過酸化水素は劇物指定なので、配合率は低く抑えられていますから、
それほど強力な漂白作用はないようです。

 

 

選び方のポイント

さて、このようなことから市販されているホワイトニング歯磨き粉は研磨タイプです。
では、どのような商品がおすすめかと言いますと、
研磨剤としての成分がきちんと入っていること、
そして、研磨剤の粒子が小さいことです。

 

なお、付記しますと、このタイプの歯磨き粉は、化粧品と医薬部外品があり、
医薬部外品の歯磨き粉には、ホワイトニング効果に加えて、
虫歯や歯周病予防の薬用成分が入っています。

 

いずれも好き好きですが、ホワイトニングの基本は使い続けることですから、
あまり高価な商品を使うとお金が続かなくなるかもしれません。
したがって、必要な成分が含まれていることは最低条件ですが、
お財布に優しい価格のものがいいでしょう。

 

歯を白くしたいなら炭酸水はダメ

歯を白くしたい場合は、炭酸水は出来るだけ飲まないようにしましょう。

 

炭酸水で歯が黄ばむ?

炭酸水の働きによって、口内のペーハー値が酸性によってしまい、
歯が溶解してしまう恐れがあります。ちなみにこの現象の事を「脱灰」と言います。

 

脱灰が発生すると、歯が弱くなり、傷が付きやすくなってしまいます。
そして微細な傷が増加すると、歯が付きやすくなって、
段々と黄ばみが濃くなっていってしまうのです。

 

例えば「歯がコーラで溶ける」という話もありますが、
コーラは炭酸水の一種ですから、とりあえずは当然の事です。
その上、糖分も入っていますから、普通の炭酸水よりもさらに危険です。

 

そしてクエン酸も配合されていますので、
口内が酸性に寄りやすくなるという問題点もあります。

 

ですから、炭酸水を飲んだら、その後普通の水で口をゆすぐようにしましょう。
この行為には「口内のペーハー値を整える」という意味があります。

 

また、いつもは唾液がペーハー値を整えてくれているので、
唾液の分泌量が増えるような工夫をする事も大事です。

 

炭酸水を摂取すべきでないタイミング

適度に飲むくらいであれば、炭酸水を飲んでも大丈夫です。

 

ただ、普通の水と同じような感覚でたくさん摂取していると、
歯が黄ばんでしまう可能性が高くなります。

 

そしてタイミングとしては、寝る前には炭酸水は飲まないようにしましょう。
睡眠中は、唾液の分泌量が減少し、脱灰が発生しやすくなるからです。

 

実際、大半の虫歯は睡眠中に発生するという説もあります。

 

また、口呼吸をしている場合は、唾液の分泌量が減少して乾燥し、
歯茎や歯に問題が生じやすくなってしまうので気を付けましょう。

 

寝る前に飲むのは普通の水が良いですし、
炭酸水もそうですが、色味の濃い飲み物も飲まないようにしましょう。
ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング

歯を白くするための方法にはどんなものがある?

ここでは、歯科医院に行ったり歯磨きを行ったりする事とは異なる
歯を白くする手段を挙げていきます。

 

ホワイトニングジェル

ホワイトニングジェルには歯を白くする作用があります。
着色を浮かせて除去してくれるのです。
国外のホワイトニングジェルには、
歯の元来の色合いそのものを白くしてくれるものもあります。

 

どのホワイトニングジェルも、歯の黄ばみを取り除いたり、
黄ばみを防止したりしてくれます。

 

ホワイトニングテープ

ホワイトニングテープを歯に貼り付けると、歯が白くなっていきます。
これはテープに含有されている薬品のおかげです。
ちなみに、国内では販売されていませんので、海外から入手する事になります。

 

歯のマニキュア

歯に塗布してその場だけ色を付けます。歯のお化粧のようなものです。
すぐに効き目が消えますが、必要な折にパパッと色を付ける事ができます。

 

歯の消しゴム

歯を歯の消しゴムで磨くと、歯に付いた汚れを除去する事が可能です。
歯も消しゴムも少し削れてしまいますが、その分効果は高いです。
口内環境が悪化するので、過剰使用はやめましょう。

 

重曹うがい

水に重曹を混ぜて、それでうがいするという手段です。
歯を白くする力はそれほどありませんが、
連日継続する事で、歯の再石灰化が促進され、歯の状態が整っていきます。
また、まだこびりついていない段階のステインであれば、
洗い落とす事ができる場合もあります。

 

ホワイトニングペン

歯の汚れがある場所を塗り潰して、見えにくくしてくれるペンです。
歯のマニキュアと同じく、パパッと使う事ができます。

 

ただ、周りの歯よりも大幅に白くなって不自然に見える事があるので、
慣れるまでは慎重に行いましょう。